裁量取引と自動取引:どちらが優位に立つか?

Trending

This dilemma has been the subject of many debates among financial market investors for several years. That’s why we will objectively examine the different points of view and thus be able to draw reasonable conclusions.

このジレンマは、ここ数年、金融市場の投資家の間で多くの議論が巻き起こっています。そのため、異なる視点を客観的に検証し、合理的な結論を導き出すことができるようにしていきたいと思います。

自動化した取引

近年そして今、ますます多くの自動取引ソフトウェアが市場に出回っています。自動取引は、特に、損失を出してもやる気を失わないという多くの利点を生んでいます。つまり、うまく開発すれば、自由な時間がない人(従業員、学生など)にとって、非常に有効なツールになるのです。

自動取引ツールが、自分が有効だと思う戦略に確実に従うようにする一番いい方法は、自分でプログラミングすることです。ネット上には多くのチュートリアルがありますが、プログラミングは必ずしも簡単ではありません。自動取引システムの開発には、プログラミングの知識、金融市場の確かな知識、技術的分析、危機管理も必要です。

創造的な作業に加え、一番時間がかかるのは、自動取引のバックテストとその分析、そして同時に異なる資産で長時間の生活監視を行うことであることは言うまでもありません。

いいツールを選ぶことは、自動取引を成功させるための最初の一歩です。正確さ、お客様サポート、使いやすいインターフェイスを備えたものを選びましょう。自動取引ソフトを選ぶ際には、入念な調査を行いましょう。時間をかけて、ソフトウェアの評価や取引フォーラムを読んでください。BitiCodes AIをご覧になり、最近発売されたこの自動取引ツールの利用可能な機能を確認することをお勧めします。

裁量取引

もっと実践的な話をすると、裁量取引は「手動」で取引を行うことで成り立っています。知識の面では、始めるにあたって多くの知識を持っている必要はありません。プラットフォームの扱い方と、金融市場に関するいくつかの知識があればいいのです。しかし、勝つためにはもっと多くのことが必要ですし、何より経験が必要です。取引は知識だけでなく、実践から成功が生まれるのです。

決まり文句はともかく、裁量トレードは簡単に把握できるものではありません。つまり、予測し、市場の状況を適切に分析し、賢く投資し、自分自身を管理する方法を知らなければ、長期的な資本利得を得ることは期待できないのです。

結論として、2つの視点を突き合わせることになります。まとめると、自動取引は、日中あまり自由な時間がない人、一日中パソコンの前に張り付いているのが嫌な人と特に相性がいいということです。

一方、裁量取引も成果を上げることができます。しかし、同じように、習得するのに時間がかかり、多くの取引者がやらない自分への労力を必要とします。

機械はいずれ人間に勝つという予測もあるが、多くの市販ソフトの成績を見ると、今のところそうではないようであります。

それでも、真剣に作られたソフトウェアの中には、優れた性能を発揮するものがあります。したがって、一般に取引好きな人は両方を極めようとするため、判断が難しいところです。それぞれが提供する将来性は感動的です。

しかし、暗号やFXのような市場の変動性を考えると、特にこの分野において新人である場合は、自動取引に行く方が良いかもしれません。

Rate article
www.j-speak.info