TradingViewを使った自動売買

Misc

TradingViewで自動売買がしたい人にオススメの記事です。TradingViewには自動売買の機能がついていませんが、他業者と繋げて使用できます。

 

以下ではその自動売買をする方法と、各プランについて説明します。ぜひツールを使うときの参考にしてください。

TradingViewはチャートに特化したツール

TradingViewには自動売買ができるシステムはついていません。情報を収集し、チャートを分析するために作られたからです。

 

ただし、同じようなシステムを搭載することを検討しています。

TradingViewで自動売買をする方法

TradingView取引では、アラートを他業者のAPIと繋げると、自動売買はできます。TradingViewから通知を送り、他業者で売買する形です。

 

自動売買する方法:

  1. TradingViewのアラート作成画面へアクセス
  2. 「Wenhook URL」にチェックをつけて、使っているボットのURLを入力
  3. 「作成する」をクリック
  4. アラートメッセージに通知したいコードを入力

 

コードを入力すると「1USD150円を超えました」のようなメッセージを他業者へと送れます。アラートメッセージはそれぞれコードが違うため、確認が必要です。

 

TradingViewの自動売買でかかる費用

TradingViewには4つのプランがあります。

 

Basicプランは5つあるものの、4つが価格でのアラートであり、テクニカル部分でのアラートはひとつのみです。

 

価格アラートはXX(通貨)を超えたら/切ったら通知をするアラートになります。テクニカルアラートは、テクニカル分析上でチャネルに入る/ 出る、や上/ 下に何%移動のようなアラートです。

 

始めたてであるならBasicでも充分ですが、より力を注ぎたい人は有料プランがおすすめになります。

 

各プランのアラート設定数と月額:

最大アラート設定数 月額
Basic 5 無料
Essential 40 USD14.95(約2,220円)
Plus 200 USD24.95(約3,710円)
Premium 400 USD49.95(約7,430円)

※2023年10月6日時店でのレートを使用

 

 

READ  Dating An Asian Escort: What You May Expect?
Rate article
j-speak.info